出会い系の体験談

pcマックスで出会ったバツイチ美魔女との体験談

投稿日:

無料出会い系を長い間やってたんだけど、行き詰まりを感じていました。
というのも、無料だと男女比が滅茶苦茶で、男50:女1くらい。

これじゃとても出会いなんて望めるわけがないと思い、よく目にはしていたんだけど、やったことのなかった有料出会い系を使ってみることにしました。

今回はpcマックス

アップルストアで『出会い』で検索すると、pcマックスというアプリはトップに出てくるので、一番人気があるんじゃないだろうかと思ってチャレンジしてみることにした。

有料サイトだけど、最初はお試しポイントがついてくるのですが、しかし、これもいろんな女性のプロフィールを見たり、メールをしているうちに直ぐに尽きてしまう。

そこで思い切って追加でポイントを買うことにしてみました。
メッセージを送るには結構なポイントを消費してしまうので、送る相手は慎重に選びました。

俺が最初に送ってみたのは、30代のバツイチの女性でした。

プロフィールには、写真が出してあったんだけど、目の部分だけがドアップになっているもので、あまりよくわからないし、雰囲気程度しかわからないものでした。

しかし、これ以上写真を要求するのも手間な話だし、それでへそを曲げられても困るので、そこには触れないでおいた。

バツイチで会社員。二人の子供がいるらしい。

子供は大きくなり手が離れたので、自分の楽しみを見つけるために出会い系に登録したんだろうか?

メッセージ交換をしばらく続けたあとに、LINEに誘導しました。
LINE誘導はあらゆるネットでの出会いにおいての定番のやり方で、 必須のツールでもあります。

LINEに誘導して、会話をはじめて数日たっただろうか、世間話や身の回りのことなど話のネタが尽き始めた頃に『会いたい』とダメ元で言ってみた。

出会い系で知り合ったんだし、向こうもそのつもりだろうと思ったんで、早めの行動に移してみました。
こういう場では、通常はあまりガッツいた感じで会いたがる男は敬遠されてしまうので注意しましょう。

もっとアプリでの交流を続けて、信頼を得てからの方がいいんだけど、今回は一か八かだった。ノリが良くてなんとなくイケるんじゃないかという感触があったから。

すると相手の反応は良くて、週末にドライブに行くことになった。
待ち合わせは夜の8時。

夜のドライブというのは女性によってまちまちだが、たいてい『ホテルに誘われてもいい』という暗黙の了解がある。車という密室で夜中に二人っきりになるってのは、かなりハードルが高い誘いだ。

この時点で不信感を持たれて断られてしまうケースも多いんだけど、今回はうまく行った。ドライブを約束通りして、打ち解けた頃合いを見計らってホテルに誘ってみたらOKが出た。

写真ではよくわからなかったが、会った感じでは色っぽい美魔女といった感じで『当たり』の出会いでした。

-出会い系の体験談

Copyright© PCMAX , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.