出会い系の体験談

出会い系で女性自らセフレを探してるなんて滅多にいない

更新日:

その女の子はまさに『小悪魔』という印象で、とてもストレートな20代前半の彼氏持ちの女性でした。

出会い系ですぐに会える割り切った男を探していたようだ。
ようは「セフレ」。 女性でセフレを探してるなんて滅多にいない。

たいていは、彼氏やらあとは暇つぶし、援助交際ってのもありますが、でもこの女性はそうではなくて体目的の相手を探しているようだった。

この様な女の子はまさに争奪戦

こういうタイプの女性は、男の争奪戦になってしまう!
そんな女性を男たちは血眼になって探し求めているのが出会い系だから。

俺は運よく、その女性と絶妙なタイミングで知り合うことができた。
これ以上にないチャンスでした。

ドライブ・食事など面倒なことをする必要がないんだから。
『プロフィールにはフリーター生活満喫中!』と書いてある。

どんなバイトなのか聞いてみると接客業と言っていた。
接客が大好きなんだとか。

経験上、接客業をしている女性っていうのは接しやすい。
愛想がよくて、話もうまくてまるでお客さんのようにもてなしてくれる。

目的はもうお互いわかっているので、早速会うことになった。

彼女は すぐ近くに住んでいるんで待ち合わせ場所もわかりやすい、24時間営業の某牛丼屋の駐車場へ、車でそこに行くと彼女は先に待っていてくれた。

やっぱり予想通り、ニコニコとしていて愛想がいい。まるでファミレスのお客さんになったような気分でした。接客が好きなんだけど、実は人見知りなんですよー、とハニカム彼女にドキッとしました。

確かに服装や髪型はフワフワっとしていて森ガールって感じだった。癒し系女子で、とても出会い系で知り合った男と直ぐにそんなことをするようには見えないおとなしそうな女の子でした。

彼氏との関係に不満があったんだろうか?
何か表からは見えない暗い闇でも抱えてるんだろうか?

そんな深いことは俺にはあまりよくわからなかったが、とにかく可愛くてスタイルのいい若い女の子と遊べることがうれしかった。

もちろんこんなことは出会い系では稀だ。
こんな体験は滅多に出来ない。
でも、たまにあるからやめられないのが出会い系です。

いつでも切れる、切られる関係

帰り際にこの女の子はいつも『今日はありがとうございました!
また遊んでくださいね』と言ってくれるのが口癖だった。

それを聞くたびに、胸がキュンとなって『ああ、また会ってくれるんだ・・』と、とても嬉しかった。
言葉の選び方がうまくて、男心を掴むことの出来る天性の才能の持ち主のような感じがした。

でもそんな彼女との別れは突然やってくることになりました。
4~5回くらい会った頃だっただろうか。

毎回、別れ際に『また遊んでくださいね』と言う、彼女の言葉に俺は希望のようなものを感じてたんだけど、次はなかった。

いきなりメールは届かなくなってしまい、音信不通になってしまった。
・・いつでも切れる、切られる関係、それもまた出会い系だ。

-出会い系の体験談

Copyright© PCMAX , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.